U-15/U-16プログラミングコンテスト

U-15/U-16プログラミングコンテスト
――プログラミングが子どもたちの未来をつくる――



 パソコンが好きな子どもたちをほめ称える場をつくろう――2011年、北海道旭川市の有志たちがU-16プログラミングコンテストを立ち上げました。高校や高専でプログラミングを学ぶ子どもたちが小・中学生たちを教えることでともに成長し、それを「子どもたちの未来をつくる」という志をもつ大人たちが支えるという素晴らしい仕組みをもつこのコンテストは、またIT人材の育成、産業の育成、雇用の創出などを通して開催地域のSDGs達成に向けた大きな潮流を生み出します。
 ITジュニア育成交流協会は旭川大会実行委員会と協力して、U-15/U-16プログラミングコンテストの仕組みを47都道府県の志をもつ方々にご紹介し、地域でのコンテスト開催や子どもたちの顕彰を支援しています。



U-16プロコン開催予定一覧